Top >  大学のあり方 >  日本の大学の歴史

スポンサードリンク

日本の大学の歴史

日本に大学ができたのはいつごろでしょうか?

欧米より250年以上も遅れて、明治時代にはいってからできています。

この大学ができる基盤は、明治時代に世界一の国家であるとされているドイツにならっているのです。

フンボルト理念と呼ばれる、2つの教育、研究という要素を持つようになったのは19世紀のドイツが始まりなのです。

日本には大学ごとの入学試験がありますが、ドイツにはありません。

高校を卒業後に、全大学共通の入学試験があります。

この共通試験に合格すれば、学生は好きな大学の好みの教授のもとで、勉強ができるのです。

学生が自由に選択することができるのです。

大学にいる教授は自分の研究に力を注ぎ最新の研究を行いながら生徒にそれを教えていきます。

大学での講義も教授によって人気がまちまちで、他の大学から引き抜きがあることもしばしばです。

その引き抜きにともなって学生も大学を移動していきます。ほんとうに「自由」な大学のだといえます。

これがドイツの大学の大きな特徴です。

世界においても学問の中心となりました。明治時代には日本の大学もドイツの影響を大きく受けており、人文科学、理学、工学、農学、医学と、自然科学から応用科学まですべてを網羅していました。

特に理学、工学には力をいれており、工学重視をしてきた大学が多かったことが、その後の日本高度成長をもたらしたとも考えらています。

ですが、ドイツの自由な大学制度は、わが国において、官僚制度になじまないという大きな問題を抱えていました。

 <  前の記事 これからの大学と日本のあり方  |  トップページ  |  次の記事 日本の大学とアメリカの影響  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「大学受験、これでいい?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。