Top >  大学のあり方 >  これからの大学と日本のあり方

スポンサードリンク

これからの大学と日本のあり方

毎日のように何度も似たようなニュースが流れており日本の国民性が大きな原因であると考えられています。

日本では、善意から生まれた行動、行為は失敗に終わったとしても責任追及を受けない傾向があります。

反対にその人の心情を汲み取って大目にみて流してしまう風潮があるのです。

これは運命共同体のような日本国民において、契約概念が欠如している、責任感のない人間がどんどん増えていく恐れがあるでしょう。

日本独特の社会においては、責任の所在をはっきりとさせることなく、誰も責任を取らないでいつのまにか済んでしまうといった、信用を崩してしまうことにもなりかねません。

これはいずれ日本国家の国際的な信用も崩していくこととなるかもしれないでしょう。

学生が大学でこれからの将来の希望に向けて一生懸命学習していくことは悪いことではありませんが、勉強だけに力をいれている、現在の弱体化している日本国家はこればかりでは困るということもわかっておいてほしいのです。

これは将来、日本が世界平和に対してどれだけ貢献できるか、日本の経済や人的資源をどう生かしていけるかにもよるのです。

日本の医療を必要としている飢餓や疫病に関する問題もあります。

このような時には、医学、保健学、衛生学を学ぶ学生にとって、診療を行う補助的なボランティアとして、ヒューマン・セキュリティーに取り組むことも可能になるのです。

また、農業や工業技術を必要としている発展途上国もあります。

ライフラインを敷くために、手助けとなる人手がとにかく欲しい国もあります。

私たちは自分が専門に学習している分野の知識を生かしながらこのようなボランティア活動に取り組むことで、自分の持つ視野も広がるのです。

時間を無駄にすることはできません。

自分での将来像を構想しながら、大学時代にいろんな経験と知識を蓄えていき、実現に向けて努力をすべきなのです。

これは私たち個人にとっても、これからの日本の未来にとってもとても重要なことだといえます。

 <  前の記事 学生の考え方と日本社会の問題  |  トップページ  |  次の記事 日本の大学の歴史  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「大学受験、これでいい?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。