Top >  大学のあり方 >  学生の考え方と日本社会の問題

スポンサードリンク

学生の考え方と日本社会の問題

日本の学生は、最近、実学傾向にあります。

実際にためになるであろう将来の職業、つぶしが利きやすいような学部などを選ぶのです。

例えば、医療系で、医学・薬学・歯学・看護学など、建築士や栄養士、福祉士などの専門的な分野の職業、そういった資格を取るための学部学科、また、公務員は法学部や商学部、経済学部から職業を選択しています。

理系の学部に所属している学生は、将来の職業と直結している学問であるために、身に着けていく技術や知識を最大限に生かせる就職が可能となります。

さらにこのあと大学院へと進むことにより、より高度な技術や知識を身につけることができ、博士や学者、教授などの教職といった就職活動をする際の幅が大幅に広がるといえます。

このことでわかるように、大学を受験してくる学生は、大学を職業訓練のための専門学校、資格取得の場だと捉える生徒が非常に多いといえます。

実際問題として、将来の安定性を得るほうが重要であると認識されており、大学生活を有意義に勉強のためだけに費やす場ではないと考えられています。

このような学生の考え方には現在の日本における社会の問題が浮き彫りとされている現れでもあります。

日本は不況が続き、経済の行方が不安です。

実際社会をみてみると、諸省庁においても閣僚達がさまざまな汚職をし、隠ぺい工作、無責任ななすりつけ体制が毎日のようにマスコミで取り上げられています。

この問題は公共の機関だけではありません。

民間の企業においても同じような問題が多く発生しているのです。

 <  前の記事 大学での学びとヒューマン・セキュリティー  |  トップページ  |  次の記事 これからの大学と日本のあり方  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「大学受験、これでいい?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。