Top >  大学を選ぶ前に >  偏差値?肝心な「選択」は?

スポンサードリンク

偏差値?肝心な「選択」は?

大学を選ぶ場合に、文系にしようか、理系にしようか、学部、学科はどうすべきか、などといったさまざまな「選択」が求められます。

高校時代にもある程度の選択が問われる場合もありますが、基本的に学校で準備されている時間割が中心となって授業は進められていきます。

これが、大学になると、どのような選択をして、何を勉強するか、どのように時間を使うかなど、すべてのことを自分の判断で決めることができるのです。

これほど自由な場を設けてあるにも関わらず、せっかくの大学生活を有意義に時間を利用して活用できている学生は意外と少ないでしょう。

なぜなら、大学受験の時代に自分の好きなこと、適正に気づき学部や学科を選択できている人は非常に少ないと考えられるからです。

高校生は、人生経験もさほどないのに、大学受験の際には、学部や学科をきめて、コースまで絞って受験をしなければいけないという、現在の大学入試制度に重大な問題があるといえます。

ただ単に目標とする大学の合格水準まで偏差値を上げることに力が注がれており、肝心な「選択」する学部の中身をよく理解できてないままに目標としています。

現在の大学入試制度は、個人の偏差値にあわせて、大学や学部、学科を選択するという逆からの選択という現象が起こっているのです。

つまり、この偏差値だとこの大学には入れるだろう、こっちよりもこの大学のほうが難関だからこっちを受験するといった、内容重視ではなく、見栄だけの選択になっているといえます。

適正な能力に応じた選択がなされていないのです。

 <  前の記事 心の糧を見出す  |  トップページ  |  次の記事 隠れた適正、能力  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「大学受験、これでいい?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。